2022年11月16日 10:49 am

何年も前に書いた遺言書。

定期的に見直しをしていますか?

作成後に財産の変動していませんか?

 

 

 

遺言書は、遺言を書いた遺言者が亡くなることにより効力が発生します。

そのため、遺言書作成から効力が発生するまでの数年、場合によっては数十年が経つこともあります。

 

その間に、遺言書に書いた財産の内容が変動、変化が生じることもあります。

 

 

当初作成した遺言書の内容ではうまく対応できないケースも出てきます。

このような不都合が生じないよう、遺言書を作った後には定期的に内容を見直すことをお薦めします。

 

作成当初から財産の変動が見込まれるのであれば、様々なケースに対応できるように工夫して書くことが将来の負担軽減につながります。

 

遺言は自分が死んだあとの話です。

 

意図したとおりの効果を生じさせることができる遺言書を確実に作成するためには、相続のプロ 司法書士にご相談ください。

 

 

 

ご相談者さまにとって「信頼できる身近な法律家」であれるよう、どんなご質問にも誠心誠意ご対応いたします。

 

 

豊田市で司法書士をお探しなら

司法書士スパークル総合法務事務所へどうぞ。

 

Tags: , , , ,

Categorised in: